日本生前対策支援協会の業務内容 東京埼玉神奈川千葉 民事信託、成年後見、遺言支援

開く

Facebook

一般社団法人日本生前対策支援協会

トップ > 業務内容

業務内容

民事信託~新しい相続のかたち~

民事信託とは、財産をお持ちのかた(委託者)が、ご自身がお元気なうちに、その財産の一部を信頼できるかた(委託者)に託し、その財産の利益を受けてもらいたいかた(受託者)のために管理・運用・処分してもらう制度です。

世界屈指の超高齢化社会となった日本。

認知症にかかる患者数は、年々増加の一途をたどっています。財産をお持ちのかたが、重い認知症などにかかり判断能力を失ってしまうと、自ら預貯金を解約・払戻しをしたり、不動産を売却することができなくなり、資金繰りに困る事態を招きかねません。

お元気なうちにご自分の意思で財産の活用方法を決定しておき、認知症になってからお亡くなりになるまでの間のさまざまな財産トラブルにもそなえることのできる民事信託に、いま大きな注目が集まっています。

民事信託を利用して認知症対策を行えば、従来の後見制度ではかなわなかった賃貸物件の管理や積極的な資産運用、不動産の現金化のタイミングを柔軟にお決めいただくことが可能です。

認知症対策以外にも以下のようなさまざま場面でご活用いただけます。

会社の株式の大多数を保有しており、経営判断が難しくなった後も安定した事業承継を実現させたいかたのための信託(事業承継信託)

障害をかかえたお子さんなど、ご自身で財産の管理ができないかたとお過ごしのご家族のための信託(親なき後の信託)

ペットを飼いたいが自身が高齢なため悩んでいるかたや自身に何かあったとき飼っているペットがどうなってしまうか不安なかたのための信託(どうぶつ信託™)

同性間など、現在の法律では夫婦となれないパートナーと、養子縁組をせずに財産をのこしたいかたのための信託(パートナーシップ信託)

まだまだ認知度は低いですが、生前対策にとどまらず、ご家族や財産などに関するあらゆるお悩みや先行きへの不安を先回りして解消することができる、かゆいところに手が届く新しい制度が、民事信託です。

お客様のお気持ちや願いを、ぜひお聞かせください。

ベストな解決方法が、きっと見つかります。

どうぶつ信託™は当協会が特許庁に商標登録出願中です。


成年後見~「自分らしさ」の予約~

成年後見制度は認知症等で判断能力が不十分な方の財産・権利の保護や、人間としての尊厳を損なわれるのを防ぐことを目的として、法律面・生活面でサポートを行うものです。

後見制度は、援助者の状況に合わせ後見人が中心となり、親族の方々、行政サービス・医療サービス等の各機関と連携し、家庭裁判所の助言を受けながら本人に最もよい方法を選び、支援してゆくことが求められます。

また、成年後見制度は「法定後見」と「任意後見」に分かれます。

法定後見...既に判断能力が低下してしまった方の「財産や身上を守ること」を前提とした制度です。不自由ない生活を送れるようサポートする「成年後見人」を家庭裁判所に申立てをし選任します。
当協会では、申立て等のサポートが可能です。

任意後見...ご本人様に十分な判断能力があるうちに、将来に備えて後見事務の内容と任意後見人をあらかじめ公証人が作成した公正証書によって契約で定める制度です。

法定後見との大きな違いは、判断能力があるうちにどこまで、誰に将来支援してもらうかをご本人様の意思で契約可能なところにあります。
当協会では契約書の作成サポートから後見人等の就任が可能です。

あなたらしさ、自分らしさを一緒に探します。

お客様のお悩み、願いをぜひお聞かせください。


遺言支援~「争族」の芽をつむ~

遺言書は特別な人だけが書くものではありません。
ごく普通の家庭であっても相続により思わぬトラブルに発展することがあります。

遺言書をご家族にのこすことにより、無用な相続トラブルを未然に防ぐことだけでなく、相続手続きの簡素化や納税資産の確保なども行うこともできるため、遺族の負担を軽減することにもつながります。

さらに専門家にご依頼されると遺言をのこすお客様の負担も軽減することができます。

  • 遺留分等に配慮した法的に有効な遺言書の作成ができる
  • 公証人との打ち合わせを全て任せられる
  • 書類の収集の代行をお願いすることができる

~「争族」を「相続」へ~をモットーに当協会では遺言作成を支援しております。

①納得いくまで徹底サポート
遺言書で大切なことは法的に有効かどうかだけではありません。
当協会ではあなたの思いが込められる「付言事項」を大切にしています。
あなたの思いがこもった納得できる遺言書が出来るまで、相談も書き直しも何度でもお付き合いします。
②生前対策に特化した一般社団法人
通常個人が遺言執行者となる場合には、その人に万が一のことがあった場合に迅速に遺言執行を行えなくなるリスクがあります。当協会を遺言執行者に指定していただくことで、法人のメリットを活かした永続的かつ確実な遺言の執行が可能です。
③専門家もオーダーメイド
生前対策は法務だけでなく、税務など様々な角度からお客様のご事情にあわせて検討することが大切です。 当協会では、様々な専門家との豊富なネットワークがございますので、あなたのご要望・ご事情に最大限配慮し、「あなたに合った」信頼できる専門家をご紹介することが可能です。

「遺言書に何を書けばいいか分からない」、「自分は遺言書をのこすべきだろうか」、 「自分が考えるとおりに遺産を割り当てられるだろうか」

どんな小さなお悩みでもかまいません、

お客様のお悩み、願いをぜひお聞かせください。

スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人日本生前対策支援協会へのご質問、サービス内容等でご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ

24時間受付中です。いつでもお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL.03-3981-1321

☎ 03-3981-1321

※タップすると電話がかかります。

会社情報

  • 一般社団法人日本生前対策支援協会
  • 〒171-0014
    東京都豊島区池袋二丁目40番13号
    VORT池袋Ⅰ 10階
  • TEL.03-3981-1321
  • facebook
  • twitter

∧ PAGE TOP